カテゴリー「野菜作り」の137件の記事

2018年1月21日 (日)

冬野菜

2018年1月21日。スーパーマーケットの野菜売り場に行った。なんと大根が一本198円。白菜は丸々一個は売っておらず、四分の一が198円(一個792円)、六分の一が138円(一個828円)で売っていた。どの野菜も高い。

新聞やテレビの報道では「生育時期の昨秋、産地が長雨や台風に見舞われ、生産量が大幅に減っているためだ。レタスが2.4倍、キャベツが2.1倍、白菜と大根が2倍 葉物野菜が高騰している。」とのことだ。確かに高い。     
↓白菜六分の一が138円
20180121_06138

                    ↓一本198円の大根20180121_02198
葉物野菜が特に高いようだ。テレビでは、根が安定している豆苗やもやし、キノコ、スプラウト等の料理を紹介していた。

続きを読む "冬野菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

健康野菜ヤーコンの収穫(2017年)

2017年12月15日ヤーコンを収穫した。7~8年前知り合いから種イモ(塊茎)をもらって植え、毎年育てている。しかし、それまでヤーコンを知らなかった。今でも大阪で売っているのを見たことはない。南米アンデス地方原産のヤーコン(キク科の根菜)が日本に伝わったのは約30年前(1985)。市場に出回る数は限られているようだ。
           
↓8本の苗から約10㎏収穫できた
20171215_14_2

 

続きを読む "健康野菜ヤーコンの収穫(2017年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

生姜を収穫

2017年11月1日、生姜を収穫した。初めて植えた昨年は失敗したが、今年はどっさり収穫できた。    ↓収穫した生姜 

20171101_11

続きを読む "生姜を収穫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

トマトと胡瓜の被害

2017年7月。写真のようにトマトと胡瓜が被害にあった。
カラスがつついたのか?トマトも胡瓜も幹の一番下、地面に近い実が食べられている。お隣の畑ではスイカを近くに運ばれ、食べられた。これは恐れらく手を使うアライグマだろう。
20170709_69
           
↓カラスがこんな食べ方をするのか?

20170720_05

続きを読む "トマトと胡瓜の被害"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

ズッキーニ

2017年6月18日。今年初めて植えた、ポールのように丸く、黄色いズッキーニを収穫した。↓20170626_20

続きを読む "ズッキーニ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

ジャガイモ

2017年6月4日春ジャガイモを収穫した。3月5日にキタアカリを1㎏定植し、14㎏が収穫できた。昨年の秋ジャガイモは失敗しほとんど収穫できなかったことを思えば、まずまずの収穫だ。20170604_06

続きを読む "ジャガイモ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

トウ立ちした玉ねぎ

2017年6月6日玉ねぎを収穫した。
玉ねぎの収穫時期は、葉が7~8割が倒れた時だ。今年は
穴あきマルチから大きく育った玉ねぎが見えているのに、なぜかなかなか倒れない。
隣の畑のおじさんに「トウが立っている。蕾を切った方がいい。」と教えられた。
          
↓今年の玉ねぎのサイズは大きい
20170606_07

20170606_10_2


続きを読む "トウ立ちした玉ねぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

栗かぼちゃ

2016年9月4日カボチャを全部収穫した。小振りで外皮の色は良くないが果肉はきれいな柿色だ。↓20160904_78_2

続きを読む "栗かぼちゃ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

ミニメロン

2016年夏。昨年栽培に失敗したミニメロンに再度挑戦した。
          ↓ミニメロン

   左が
ころたん 500g ・ 右がかわい~な 250g

20160803_30_2

続きを読む "ミニメロン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

茗荷

我が貸農園の隅っこに茗荷を三年前に植えた。地下茎が横に伸び年々増えている。「茗荷を食べると物忘れがひどくなる」と子供の頃に言われたものだ。調べてみると、これは俗説で学術的根拠はない。食用部分は地下茎の先にできた蕾で、独特の香りがする。この香り部分に集中を増す効果があるようだ。
夏が旬で素麺、蕎麦、冷奴の薬味にする。
            ↓花が咲いているのは採り遅れだ
P7200017a

続きを読む "茗荷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧