カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の87件の記事

2018年7月11日 (水)

蝉羽化

2018年7月6日早朝庭の朝顔の支柱で羽化したばかりの蝉と、蔓にぶら下がっている抜け殻を見つけた。↓

20180706_04

続きを読む "蝉羽化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

あべのハルカス

2018年2月18日。日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(地上300m)には、近鉄百貨店(B2F~14F)以外は今まで行ったことがなかった。
先日、いつもはウイング館9Fで開催されていた「カレッジシアター地球探求紀行」(国立民族学博物館の研究者の話)が、タワー館25Fの会議室で実施され、初めて15階以上に行った。
オフィス階は静かで落ち着いた雰囲気が漂っていた。
      
↓25F:会議室前のロビー
20180214_36

続きを読む "あべのハルカス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

蕾がかたい梅

2018年2月10日。今年の冬は気温が低く、寒い。10日現在、マイナス36度以下の寒気が北半球の上空にある。北陸地方は先日来記録的な豪雪で車が10㎞にわたって立ち往生する等生活に支障が出ている。
熊取町では、雪は時々ちらつく程度だが気温は低くて寒い。

自宅の庭に二本の白梅と一本の紅梅がある。熊取の町の木は梅。白梅は、38年前に転入した時、町からもらった苗木が成長したものだ。

       ↓少しふくらんだものもあるが、蕾がかたい庭の白梅20180208_12

20180208_15

続きを読む "蕾がかたい梅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

久御山町~その②

2018年1月14日に行った京都府久世郡久御山町には難読の地名があった。

                                
↓この住所読めますか?
20180114_42_2

「くみやまちょう おおあざ ひがし一口 こあざ ひがし一口」
「一口」何と読むのか? 「ひとくち」? 

 正解は「いもあらい」と読む。 まず読める人いないだろう。
なぜいもあらいと呼ぶかについては諸説があり確かなことはわかっていない。(久御山町)

続きを読む "久御山町~その②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

久御山町~その①

2018年1月14日京都府久世郡久御山町(くみやまちょう)に行った。
ここにはかつて京都盆地の六分の一に及ぶ巨椋池
(おぐらいけ)があった。京都の南に広がる巨椋池は古代以来歴史の舞台に登場する。
今まで、京滋バイパスや第二京阪道路から眺めるだけだったので一度来てみたかった。


現在久御山町は、北半分は巨椋池の干拓田、北部の宇治川が京都市伏見区との境界、南部の木津川が城陽市、八幡市との境界で形成されている。
↓巨椋池は周囲約16㎞ 水域面積約800haあった。池というより湖だ。

 

20131112_847935_2

今は昭和初期、国内第一号の国営干拓事業で大きな池から農地へ様変わりしている。
          
↓冬の田圃が広がっていた
20180114_32

続きを読む "久御山町~その①"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

音声が流れる踏切

2018年1月12日。カンカン・カンカンと踏切の警報音が鳴ると同時に、踏切から大きく強い調子の音声が聞こえてきた。日本語ではないので何と言っているのかわからない。それと同時に 電光掲示板には、英語、中国語、韓国語で文字が流れている。              
ここは関西国際空港と和歌山への分岐駅~JR日根野駅のすぐ南の踏切だ。

 

踏切を列車が通過中。
↓電光掲示板の上にあるスピーカーから、迫力のある大きな音声が聞こえ、電光掲示板にハングルが流れている

20180112_18

続きを読む "音声が流れる踏切"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

2018年初詣~日根神社

2018年1月1日。初詣は泉佐野市の日根神社へ行った。日根神社まで熊取町の自宅から徒歩片道約1時間だ。日根野地区は鎌倉時代から戦国時代にかけて九条家の荘園、日根荘(ひねのしょう)があった所で国史跡に指定されている。

日根神社
(国史跡) 奈良時代の716年にはすでに和泉五社に数えられ、平安時代の*「延喜式神名帳」にも記載されている。農業用水の恵みを与える神として崇められていた。*平安時代(927年)にまとめられた「延喜式」で「官社」に指定された全国の神社一覧。
    
↓拝殿から茅の輪をくぐり参道まで長く続く参拝者の列
20180101_54

社殿は秀吉の根来攻めで焼失したが、後に子の秀頼によって再建された。
                     
↓桃山時代の豪華な姿を残す本殿
20180101_74
慈眼院(じげんいん)(国史跡)~江戸時代まで日根神社の神宮寺だった。
井川(ゆかわ)を挟んで日根神社に隣接する。この日は扉が開放されており、自由に境内に入ることができた。苔むした境内には、国宝の多宝塔と重要文化財の金堂が建っている。
     
↓間を流れる井川には、大きな賽銭箱が置かれていた
20180101_68      ↓多宝塔(国宝)~鎌倉時代に建立された小振りな塔

20180101_58_2


続きを読む "2018年初詣~日根神社"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

熊取町の晩秋

2017年11月29日 熊取町の自宅周辺の晩秋風景。
        ↓歩道花壇の並木道
20171130_05

続きを読む "熊取町の晩秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

2017年熊取町のダンジリ

2017年10月8日(日)、熊取町のだんじり祭りに行った。

        ↓朝代地区のやり廻し
20171008_67

     

 ↓「だんじりばやし」は笛と太鼓
20171008_91

続きを読む "2017年熊取町のダンジリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

晩夏の夕空

2017年8月26・27日、熊取町の夕空を撮った。
        ↓8/27 18時37分 大阪湾方向
20170827_01

続きを読む "晩夏の夕空"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧