« 南九州岬めぐり~その③佐多岬 | トップページ | 洛北の紅葉~岩倉実相院・常照寺・源光庵 »

2016年11月25日 (金)

南九州岬めぐり~その④長崎鼻

2016年10月30日南九州岬めぐりの最終日は、薩摩半島最南端の長崎鼻から釜蓋大明神へ。枕崎の「お魚センター」で昼食後、鹿児島中央駅から新幹線で帰阪した。
   ↓長崎鼻から海を隔てて、遮るもののない秀峰開聞岳
20161030_288

20161029_219

    ↓「指宿いわさきホテル」の部屋からの朝焼け20161030_248

↓ホテルを出て約一時間、南国を思わせる美しいヤシの木の並木道20161030_262

9時10分薩摩半島最南端の長崎鼻に着く。
駐車場から岬の灯台を目指していくと、赤い神社があった。神社の様が日本風ではない。
「長崎鼻には古くから浦島太郎伝説があり、竜宮へ旅立った岬と言い伝えられ「竜宮鼻」の別名がある。」ここには豊玉姫(乙姫様)を祀っている。古書に「竜宮城ハ琉球ナリ」とあるらしい。確かに琉球の城を彷彿させる。
                  ↓龍宮神社                        
20161030_272 ↓長崎鼻は赤黒く凸凹の岩礁に覆われている。溶岩が固まったものだろう。調べて見るとこの辺りは「指宿カルデラ外輪山の一角」で、岩は火山岩だ。                                                        
20161030_301_2

長崎鼻灯台 天候が良ければはるか海上に三島(竹島硫黄島黒島)や見え、空気が澄んだ日には屋久島種子島も望めるらしい。この日は霞んで見えなかった。
                 ↓長崎鼻灯台
20161030_283

      ↓開聞岳 「長崎鼻パーキングガーデン」より20161030_307

長崎鼻から約40分で「釜の蓋を頭にのせて参拝すると願いが叶う」という釜蓋大明神(射盾兵主神社)へ。神社は入り江の岩礁が東シナ海に突き出た所にあった。
            ↓ 釜蓋大明神(南九州市頴娃町)
20161030_326
     ↓釜蓋大明神からの開聞岳、どこから見ても端正だ20161030_330

|

« 南九州岬めぐり~その③佐多岬 | トップページ | 洛北の紅葉~岩倉実相院・常照寺・源光庵 »

小旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182261/68553836

この記事へのトラックバック一覧です: 南九州岬めぐり~その④長崎鼻:

« 南九州岬めぐり~その③佐多岬 | トップページ | 洛北の紅葉~岩倉実相院・常照寺・源光庵 »