« 南九州岬めぐり~その②都井岬 | トップページ | 南九州岬めぐり~その④長崎鼻 »

2016年11月18日 (金)

南九州岬めぐり~その③佐多岬

2016年10月29日 都井岬から鹿児島県大崎町の道の駅「くにの松原おおさき」を経由して鹿屋市を通り鹿児島湾沿いを南下して本土最南端の佐多岬に行った。
↓佐多岬の先端部の先にある小さな島上に佐多岬灯台が見えている。この灯台は日本最古級らしい

20161029_200

20161029_219

国道269号(佐多街道)から鹿児島湾を隔てて開聞岳が霞んで見える。
なだらかな稜線が美しい「薩摩富士」だ。
手前は翌日行った薩摩半島の先端・長崎鼻

20161029_167
佐多岬へ。マイクロバスに乗り換えて、遊歩道入口の駐車場まで行く。
駐車場の少し手前に「北緯31度線展望広場」モニュメントがある。
モニュメント正面の世界地図には、北緯31度線が引かれカイロ、上海、佐多岬、ニューオリンズが通っていることを示していた。
今年9月8日に除幕式が行われたばかり。佐多岬周辺は展望台、遊歩道、駐車場などが整備中だ。本土最南端の佐多岬に観光客の誘致を強化するのが目的のようだ。↓佐多岬灯台を望める「北緯31度線展望広場」とモニュメント
20161029_19831       ↓ソテツの生い茂る山道を岬の先端目指して歩いた20161029_195

            ↓途中にあった御崎(みさき)神社
和銅元年(708)創建だから1300年以上前にこんな岬の先端によく神社を建てたものだ。今は縁結びのパワースポットになっているらしい。
20161029_184

         ↓道から海を覗くと、断崖に波が激しく寄せていた20161029_188↓「通行止めのお知らせ」の看板で道は行き止まり。展望台新築工事中で岬の最先端部まで進めなかった。20161029_189_2

佐多街道を北上して南大隅町の根占(ねじめ)港へ
    ↓窓外は椰子やソテツが茂り南国ムードが漂っていた
20161029_207
フェリーで大隅半島の根占港から薩摩半島の山川港を目指して出港した
                 ↓根占港
20161029_223

   ↓船上から薩摩半島の長崎鼻とその先の小さな島(岩)が見える20161029_243

砂風呂
この日の宿は指宿温泉。砂風呂に初めて入った。浴衣の上から砂をかけてもらう。砂の温度70度。じわーと熱い。しばらくする顔から汗が滴る。砂に入っているのは約10分間。隣の露天風呂とシャワーで砂を落とす。
部屋に戻ってからも全身から汗が出て体が温かい。「血液の全身還流を促進、老廃物の排出や十分な酸素の供給を促進し普通の温泉の3~4倍効果がある」とのことだ。
入った後全身がすっきりとしたように感じた。

|

« 南九州岬めぐり~その②都井岬 | トップページ | 南九州岬めぐり~その④長崎鼻 »

小旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182261/68481598

この記事へのトラックバック一覧です: 南九州岬めぐり~その③佐多岬:

« 南九州岬めぐり~その②都井岬 | トップページ | 南九州岬めぐり~その④長崎鼻 »