2017年4月21日 (金)

2017年桜~その6(高見の郷・仏隆寺・三多気)

2017年4月13日奈良県大宇陀市の「仏隆寺」、東吉野村の「高見の郷」、三重県美杉町の「三多気(みたけ)」に桜を見に行った。この日、平地では満開から散り初め。しかし訪ねたお目当ての桜はいずれもまだ蕾が固かった。
  ↓唯一、三多気の駐車場のセンダイシダレが満開だった

20170413_96

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

2017年桜~その5(阿弥陀寺)

2017年4月10日。大阪府和泉市若樫町の枝垂桜(百滝桜)は残念ながら散ってしまっていた。帰りに寄った阿弥陀寺(和泉市大野町)は満開だった。
      ↓山門への階段の途中から~額の中のような景色

20170410_35

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

2017年桜~その4(熊取町役場前・図書館・大原池・中央公園)

2017年4月9日熊取町の桜がほぼ満開になった。
           ↓役場前庭の枝垂れ桜

20170409_29

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

2017年桜~その3(熊取町永楽ダム)

2017年4月8日熊取町の桜の名所「永楽ダム」に行った。開化は7~8割位だった。
       ↓芝生広場からダムの堰堤を見る

20170408_08

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

2017年桜~その2(紀三井寺・和歌山城)

2017年4月6日ハイキングサークル「満歩会」で紀三井寺~紀州東照宮~和歌山城に行った。
    ↓満開の枝垂れ桜(和歌山城大手門を入って直ぐ)
20170406_154

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

2017年桜~その1(万博記念公園)

2017年4月5日 万博記念公園に桜を見に行った。公園には5500本の桜の木がある。今年の開花は少し遅い。この日は全体としては5分咲き。
      ↓この木は7~8分咲き
20170405_14

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

りんくう公園・田尻スカイブリッジからの風景

2017年3月15日健康くまとり探検隊と泉南市の道草会との交流ウォーキングを実施した。交流ウォーキングは今回で五回目。
関西国際空港の対岸にある「りんくう公園」(泉佐野市)がスタート。マーブルビーチから、田尻スカイブリッジを往復し、りんくうタウン駅まで戻る約6㎞のコースだ。この日は風が強く、大阪湾からの強風で帽子が飛ばされないように手で押さえながら歩いた。

りんくう公園のオブジェ「四季の泉」↓ 太鼓橋から

20170315_01

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

慈眼院

2017年3月14日。写真は泉佐野市日根野の慈眼院境内の国宝・多宝塔。鎌倉時代建立。高さ約10m。
屋外にある木造多宝塔で、国宝・重要文化財に指定されているものの中では日本最小。日本多宝塔三名塔の一つ。

多宝塔は仏塔の一形式で多宝如来を安置する塔。上層を円形、下層を方形とした塔身の二重塔で最上部に相輪を設置している。

↓多宝塔 林を背にし、苔むした境内にひっそりと建つ小振りな塔だ
20170314_22_2_2

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

2017年枝垂れ梅

2017年3月17日和泉リサイクル環境公園に梅を見に行った。ここには枝垂れ梅を中心とした梅林園がある。もう盛は過ぎていた。梅林の中はさわやかな香りが漂っていた。            枝垂れ梅↓20170317_12

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

醤油発祥の地~湯浅町

2017年2月26日歴史街道倶楽部で和歌山県湯浅町に行った。湯浅町は、和歌山県の中部西岸に位置し、周りを海と山が取り囲んでいる。
熊野街道が町中を通っており古くから交通の要衝だった。また醤油発祥の地として知られている。旧市街地には江戸時代の街並みが残っていた。

湯浅駅近くにこんな像が
江戸で巨万の財を築いた豪商紀伊国屋文左衛門(幼少名 文平)はここ湯浅で生まれた。「商人としての独創性、勇敢な冒険心、身を引く潔さ---紀州人の誇り」
        ↓荒海にみかん船をこぎ出そうとする文平の勇姿 

20170226_08

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«長池オアシスの蠟梅