2017年8月12日 (土)

鳥海山から月山へ~その②

2017年7月25日 早朝から鳥海山麓の丸池様から獅子ケ鼻湿原をトレッキング。午後から秋田県にかほ市象潟町の元滝伏流水へ行った。
元滝伏流水
「約16万年~2万年前に、鳥海山の噴火で、噴出した溶岩の縁(へり)の部分に位置している。周辺の溶岩の厚みは20mを超えるところもある。この場所では高さ5m、幅30mと続くガサガサの溶岩の壁から年中豊富な水が湧き出ている。」
  
↓元滝伏流水~緑の苔の岩肌を流れ落ちる白い伏流水 
20170725_224

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

鳥海山から月山へ~その①

2017年7月24日から26日まで、山形県の鳥海山と月山へ行った。その山麓は美しい自然景観だった。
 24日特急サンダーバードで大阪駅発。金沢駅で北陸新幹線に乗り換え上越妙高駅へ。
ここからはバス。新潟県三条市辺りから強い雨が降り出し、村上市の「笹川流れ」は、観光船欠航のため見学できず、山形県酒田市のホテルへ直行した。新潟県は長い、上越妙高駅から酒田市まで約5時間かかった。(海岸線の距離331㎞)

 25日7:30ホテル発。鳥海山(ちょうかいさん)へ。
鳥海山は山形県と秋田県に跨る標高2236mの活火山、東北第二の高さの独立峰。出羽富士、秋田富士と呼ばれている。
↓この日山頂は雲に隠れていた。
枝豆(ダダチャ豆)と水田が山裾まで広がっていた。
20170725_35

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

針江・生水(しょうず)の郷

2017年7月5日。滋賀県高島市新旭町針江地区に行った。ここでは集落の中を水路が巡っており、家々から非常にきれいな水がコンコンと湧き出ていた。この水を飲料や炊事等日常生活に利用している。このシステムを川端(カバタ)と呼んでいる。
  
↓外カバタ~屋外の専用の小屋に洗い場が設置されている
            (屋内に設置されているのを内カバタという)

20170705_20
                      ↓内部の洗い場
20170705_19

           ↓コンコンと湧き出る水~鯉が泳いでいた20170705_43

このきれいな湧水を生水(しょうず)と呼び昔から大切に利用してきた。聞いてみると「水道代は基本料金だけ」、究極のエコ生活だ。20170705_16

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

トマトと胡瓜の被害

2017年7月。写真のようにトマトと胡瓜が被害にあった。
カラスがつついたのか?トマトも胡瓜も幹の一番下、地面に近い実が食べられている。お隣の畑ではスイカを近くに運ばれ、食べられた。これは恐れらく手を使うアライグマだろう。
20170709_69
           
↓カラスがこんな食べ方をするのか?

20170720_05

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

伊根の舟屋

2017年6月17日バスで丹後半島の伊根(京都府与謝郡伊根町)に行った。
入り江を取り囲むように連続して建てられた
舟屋群は初めて見る珍しい景観だった。↓

20170617_48

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

沼島

2017年6月3日兵庫県南あわじ市の沼島(ぬしま)に行った。淡路島の土生港から連絡船10分で沼島港に着いた。淡路島の南4.6㎞、紀伊水道の北西部に浮かぶ周囲約10㎞の小さな離島だ。

沼島は淡路島と共に国生み神話の舞台として有名だが、
「沼島は中央構造線(日本最大級の断層)の南側、太平洋プレートがユーラシアプレートに沈み込んでいく際に持ち上げ隆起した三波川帯に位置し、淡路島や瀬戸内海とは異なる地質にある」ことを今回初めて知った。

F621c5ab206abc4b4805becfead549c4_3

↓赤い線が中央構造線(日本最大級の断層)

350pxtectonic_map_of_southwest_japa


» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ハスまつり

2017年7月9日(日)午前8時、ハスの花 ~ 大阪府泉南郡熊取町「長池オアシス」

20170709_04

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

木津川沿いの東海自然道を歩く

2017年6月1日ハイキングクラブ満歩会で京都府笠置町の笠置駅から木津川沿いの東海自然道を南山城村の大河原駅までの約8㎞を歩いた。

笠置町:京都府の最南端の相楽郡の東部に位置し、南に笠置山系、北に国見岳に連なる山々が迫り、さらにその間に木津川が東西に貫流している。

木津川:古代は平城京の都城造営のための用材が上流部からいかだに組んで流した。江戸時代は舟運による物資の運搬に大きな役割を果たした。
現在は、上流にダムができ水量が調節されている。
              
↓木津川

20170601_10

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

ズッキーニ

2017年6月18日。今年初めて植えた、ポールのように丸く、黄色いズッキーニを収穫した。↓20170626_20

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

ジャガイモ

2017年6月4日春ジャガイモを収穫した。3月5日にキタアカリを1㎏定植し、14㎏が収穫できた。昨年の秋ジャガイモは失敗しほとんど収穫できなかったことを思えば、まずまずの収穫だ。20170604_06

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«会津から那須高原へ~その③~大内宿・那須高原